夜勤について  

看護師が転職しようと考えるときには夜勤について視野に入れておきましょう。
総合病院で夜勤は必ずつきものです。
給料も夜勤があるのとないのでは大きく差があります。
夜勤は2交代制と3交代制があります。
2交代は日勤と夜勤に分かれ、日中は8時間で夜勤は16時間勤務となります。
夜勤の勤務時間が非常に長くなりますが翌日は休みになることがほとんどです。
3交代は24時間を3つに分けます。
夜勤の勤務時間が短くなりますが夜勤明けが休日になることが多いので自由時間が少なくなります。
2交代の夜勤は1カ月に4回まで、3交代の夜勤は1カ月に8回までという国の決まりがあります。
夜勤手当は1回当たり1万円が一般的で、3交代は5000円程度です。
夜勤をするのとしないのではかなりの差が出てきます。
夜勤体制がどうなっているのか調べて納得したうえで転職を決めましょう。
また看護師の仕事は休みを自由に取ることが難しいので、休日カレンダーどおりに休むことはできません。
休日が決まっている生活と無縁になってしまい、友人や恋人との休日が合わなくなってしまいます。
どうしても決まった休日や時間がほしいという方には看護婦転職求人サイトなどで交代制がない勤務先を探してみるのも一つの方法です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ