2013/7/9  21:30

優先席の機能に関して〜問題提起〜  独り言

こんばんは。keto209です。今日はこんな話題。

とある駅にこんな張り紙がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

わりとインパクトがあるこれwww

でもこういう人たちが多いのが事実としてあるんですよ。

ちょっと問題提起しておこうと思いまして。

意見というか私の受けた感覚だけ書いてます。意見はまた後日にでも上げようかな、と。

興味ある方はどうぞお入りください。


―――

どうもこんばんは。

皆さんに簡単ですが、答えるのはちょっと難しい質問をします。

「優先席」機能していると思いますか?


正直なところをいうと、私はこの答えは部分的には機能しているとは思いますが、大体は機能していないと思ってます。


っていうのも、優先席で携帯電話をいじっている人だとか、音楽を聞いてて自分の世界に入り込んでいる人とか、寝ている人とか。非常によく見ます。電車にのるとこの手の人が優先席に必ずといっていいほどいますね。これが問題なわけで・・・。ってことなので、優先席は十分に機能しているとはいえないといえそうです・・・。

ってことで、そういう場面を見ていると、そもそも「優先席付近では携帯電話の電源をOFFにする」っていうモラルが守られていないっていう事実が浮き彫りになってきます。
確かに、(この辺は祖父がペースメーカーつけているから知っていることなのですが)心臓のペースメーカーに影響があるのはそのペースメーカーから半径20cm以内とかそれくらいなので、ぶっちゃけていうと携帯電話の医療機器への影響はそんなに気にしなくても大丈夫っていうことはいえなくはありません。だって、ペースメーカーつけてるのに携帯持ってるって人もいるくらいなのですから。
だから、理論的にはそれでいいかもしれません。そう考えると優先席で携帯電話を使用してもいいかもしれません。しかし、医療機器をつけている人の心理的問題を考えたことありますか?っていう。医療機器をつけている人(携帯を持っているっていう一部の変な人は置いておいて)にとって、携帯電話は脅威なわけなんですよ。だってそれで誤作動起こすと最悪死にますから。
ってことで、そういう人に安心して鉄道を利用してもらうって言う側面上、やっぱり携帯電話の電源は切ったほうがいいんじゃないの?って思います。
って言っても携帯電話の電源を切らないでメールなりSNSなりやっている人が後をたたないんですよね。さすがにこれは個人のモラルの問題で、ルール化することは出来ないので・・・。努力義務ということになってくるのですが。
鉄道会社側も強く言うことが出来ないのですよね・・・。それが優先席が機能していない原因になっていることは否定できなそうですね。

それだけじゃなくて、次に必要としている人に席を譲る人も少ないんだよねってお話。
祖父母とかに話を聞くと「優先席よりも普通の席に行ったほうが席を譲ってくれる」っていうことをよく聞きます。ってかむしろ、席を譲るっていうことを常識に思っている人はそもそも優先席になんか座らないわけですよ。優先席は「必要とする人のために空けておく」っていう認識ですね。
逆に優先席に座る人はそういう「ゆずらなきゃ」って認識がない人のほうが多いんじゃないかな?だってあくまで「努力義務」なわけで、譲らないと罰せられるとか、そういうんじゃないんですから。すなわち「譲ってもいいけどゆずらなくてもいいじゃん。」っていう考えが根底にあるんじゃないかなと。
正直私には優先席に座る心理どころか優先席の区画に行く心理すらわからないんですよね・・・。私は行きたくないって思いますから・・・。

しかし、朝ラッシュとか夕ラッシュとか、早くからわざわざ席を取ったにもかかわらず、後から来た人に対して譲りたくないって気持ちがあるのはもちろんわかります。もちろんそれは当然の認識だと思います。私もその気持ちはよくわかります。
でも、だからこそ「じゃあ何で優先席に座ったの?」って問いたくなります。優先席に座った時点で「必要としている客が来るかもしれない。そしたら譲らなきゃ。」っていうある種の義務のようなものが出てくるのは仕方ないわけで。
だって、ちょっと荒っぽい言い方ですが普通の席に座れば「譲る必要性はない」わけですから。
だから、優先席に座るんじゃなくて「普通の席」に座るっていうことを大原則にする必要があると思います。簡単そうに見えて難しいんですよこれ。だって始発列車とか見てると真っ先に優先席に行く人とかいますから。論外ですよね。

逆に、優先席がある意味効果を発揮しているのは座席が全部埋まってて立ち客が少し・・・くらいの乗車率のとき。
こういう場合は優先席は空いていることが多いです。その場合、譲ることなく、「必要としている人」が席にありつけるってわけです。
この場面をとってみるとひとついえることがありますよね。それは[優先席は『譲るもの』ではなく『空けておくもの』]ってこと。これが今の日本人の認識だっていうこと。
でも、そんな中でも、優先席に座って携帯をいじっているような人はいるわけで・・・。ってか、優先席で携帯をいじるって時点でマナー違反ですよね。そういうマナー違反をする人が席を譲るとは考えにくいですよね。って言うのは暴論かしら?

でもまぁ、いずれにせよ、ここまでの話をまとめると、優先席の利用マナーがなっていないってこと、それと優先席に座った人が席を譲ることは少ないって言うことに帰結します。

ではどうしたらいいのか。
ってことを考えると抜本的な、すばらしい解決策っているのはなかなか出てこなさそうです。そもそも、現状の優先席のシステムが
@席を譲ろうとする人と譲らない人がいる。
A譲ろうとする人は優先席にそもそも行かないことが多い。
って現状じゃねぇ・・・。優先席のマナーが悪くなるのも仕方ないのかもしれません。


私としてもまだ完全に答えが出せていないこのトピックですが・・・皆さんもちょっと優先席の利用マナーについてちょっと考えてみるのもいいかもしれませんね。

うまくまとまってなくて申し訳ありません。とりあえずいったん問題提起だけしておきたいと思います。これ、いろいろな方向からアプローチが出来るんじゃないかな?って。テスト前なのでその辺について考えることはやめておきますが・・・。

では。

※来週以降の更新に関しては一気に手抜きになる可能性がありますが、テスト期間ということでご了承ください。※
0



2014/2/6  23:15

投稿者:keto209

test

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ