早くも次回、驚愕の祝いの結論か?  

次回までに、といいながら、もう次回投稿です。

つまり、驚愕の祝いとは、



驚きを感じると、眉がつりあがり、目が縦に開かれ、顎が下がるなどの表情が顔に表れる。驚きに対する反応として叫んだり、泣いたりすることもある。さらに、飛び上がる、硬直するなどの全身の動きを伴うこともある。さらに強い場合、気絶する、貧血を起こすなどの場合もある。極端な場合、ショックによって心臓が止まり、死に至る例もある。また、パニックにつながる場合もある。


というものでは、いけないということです。

ほどほどにしておきましょう。
0

では、驚愕の祝いとは何か?  

では、驚愕の祝いとは何か?

ここを太字にして考えて見ましょう。


驚愕の祝いとは、
当然ながら
「予期しない」
「驚きに満ちた」
それでいて「いやみが無く」
素直に「喜ばれる」

祝いの方法です。

次回までに考えて見ましょう。
0




AutoPage最新お知らせ