ネトゲ廃人とはいったい何であるのか。 なぜネトゲ廃人という言葉が生まれたのか。
「ネトゲ廃人の実態」では、それらの疑問について考察しています。

2009/8/20

ゲーム内での相場操作  RMT

ゲーム内で成り立っている経済。
それが例え問題だらけの経済だったとしても、そこには確かに経済という概念が成り立っています。

モノを売り、モノを買う。
通貨を稼ぐ。

通貨の出所がリアルと違えど、通貨は確かにゲーム内で動き回っているのです。

そして、RMTによってリアルの現金に両替できるということは、リアルとつながったビジネスがそこに存在していることになります。
ゲーム内の通貨がゲーム外でも価値のあるものとなるのです。

そうなってくるとリアルの問題がそのままゲーム内でも現れます。
相場を動かし操作する人が現れるのです。

ゲームプレイ時間の長いユーザーやアイテム売買目的のプロの業者が立場が弱く経験の少ないユーザーを惑わすのです。

例えば、あるアイテムの実際の値打ちの操作。
実はそんなに価値がないのに、ものすごい価値があるアイテムだと惑わせて、ユーザーに高値で売りつける。

一見、注意すれば引っかからないような手口ですが、プロの巧みなしかけに引っかかってしまう。

更には、レアアイテムの買い占め。
誰かが買い占めているとそのアイテムが出回らなくなるため必然的に値段が上がる。

こういったことがゲーム内で起こっていると言われています。

0

2009/8/17

ゲーム内での経済の実態  RMT

ゲーム内で相場が動き、アイテムの価値が変わっていく。
まるでリアルの相場を読み解くように、アイテム(商品)の売買を行うことで利益を上げることができる。

ゲーム内の通貨はゲーム運営会社が管理している。
延々と通貨を発行し続けることができるため、リアルの政府のように経済を管理することになる。

しかし、ゲーム内では常にインフレ状態であると言います。
それは、「敵がアイテムを落とす」という概念がゲーム上で存在するからです。

リアルの世界では何かの商品を製造するまでにたくさんの人材とお金がかかります。
しかし、ゲームの世界ではそういった過程がありません。
「敵がアイテムを落とす」という行為には、労力も掛からなければ、何のコストもかかりません。

それがゲーム内でインフレ状態が続く要因と言えるでしょう。
0

2009/8/16

RMTと呼ばれるビジネスの誕生  RMT

RMTと呼ばれるひとつのビジネスで生計を立てているネットゲーマーが存在します。

RMTとは、リアルマネートレーディング、つまり、ゲーム上の通貨とリアルの通貨とを交換することです。

ネットゲームは費やした時間によって自分のキャラクターや武器・防具の強さが変わり、それに伴ってゲーム上での立場も変わってきます。
そうなると働いてネットゲームにあまり時間を費やせないサラリーマンなどは現金を払ってでも自分のキャラクターを強くしようと考えだします。

ネットゲームに時間を費やせる人はそういった需要があるとわかると、時間を武器にゲーム上の通貨を稼ぎだします。

これで需要と供給のバランスが取られ、RMT、リアルマネートレーディングというビジネスが成り立ったのです。
その市場規模は年間数百億円とも言われています。

しかし、このRMTは様々な問題を含んでおりほとんどのネットゲーム運営会社はRMT行為を規約で禁止しています。
やはり現金が絡むと利益を得る目的でゲームに参加する輩も増え、ゲーム内で不正行為や詐欺行為が行われるようになりました。

また、アイテム課金制によって利益を得るようなビジネスモデルで運営しているネットゲーム運営会社にとってはユーザー同士での売買は好ましく思わないのは当然です。

それでも、規約を破ってRMTが今も行われています。
0

2009/8/16

ネトゲによって失うもの  ネトゲの利点・欠点

ネットゲームをやることによって得られるものもあれば、失うものもあります。
正確には失う可能性・危険性があるのもと言った方が正しいのかもしれません。

それは『時間』です。

しっかりと、時間をコントロールできないと、それこそ膨大な時間を失う可能性があります。

ゲームの中では、自分を出せる。
ゲームの中では、人の役に立てる。
ゲームの中では、感謝してくれる人がいる。

そんな世界に浸り過ぎると、リアルとバーチャルの境界が崩れ、二つが入れ替わってしまう。
本来はリアルの方が大切なはずなのに、バーチャルの方が大切と思うようになってしまう。

注ぎ込まなければならない力の比重が崩れると、生活が崩壊してしまいます。
そして最後はネットゲームに依存してしまい、やめられなくなってしまう。

ネトゲ廃人化。

時間が失えば、それに直結した様々なものまで失われます。
こうなってしまうと、ネットゲームによって失われるモノはものすごく膨大になってしまいます。

そうならないために自分を、そして時間をコントロールすることが大切なのでしょう。
1

2009/8/15

ネトゲによって得られるもの  ネトゲの利点・欠点

ネットゲームをやることによって得られるものは数多く存在すると思います。

ネットゲームの世界にはそれこそ世界中から様々な人たちが集まります。

身分、年齢、性別など当人とはまったく別の分野で生きている人たちとつながりを持てる。
そして、彼ら彼女らとチャットを交わすことで、普通に生活していては絶対に交わせないような話をしたり聞くことができる。

そうした中で得られるものはとても大きいと思います。
他の人の考え方、価値観、それらを知ることができるのですから。

ゲームという世界の中で自然と生まれる会話。
そうした会話を交わすことで自然と他の人と仲良くなっていく。

掲示板等のただの書き込みによる会話は、それこそ一言二言で終わってしまったり、あってないような意味のない会話にしか成り立たない場合が多いと思います。

しかし、ゲームにはゲームクリアなど何かしらの目的が存在するため、成立した会話が自然と成り立っていきます。
そうした中で相手のことを知り自分のことを知ってもらう、そういった過程を構築しやすいのがネットゲームの利点なのでしょう。

人はリアルの世界ではどうしてもひとつのかたまりの中で動こうとしてしまいます。
その方が気が楽だからです。
無理してまでひとつふたつ向こうのかたまりにまで手を伸ばそうとはなかなかしません。

ですがネットゲームの世界では、障壁となっている部分が緩和され、様々な垣根を越えていける。
そこからネットゲームから得られるものが溢れてくるのでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ