看護師の資格取得方法  

天使の白衣。
子供の頃に看護師になりたいと思っている人も多かったでしょう。
実際に看護師の資格をとるにはどうしたらいいのでしょうか?
看護師になるには、高校卒業をしてから専門学校などの看護養成所に通わなければいけません。
この期間は3年間です。
他にも、大学で4年勉強をする方法と短期大学で3年勉強をする方法もあります。
その後国家試験に合格をする事で看護師の資格取得をする事ができます。
看護師にも認定看護師の資格もあります。
これは、保健師や助産師、看護師の免許を持っていて実務経験が5年ある事で認定看護師の資格を得る事ができます。
こうして苦労をして看護師の資格を取得をします。
看護師の一歩手前の准看護師の資格を取得でほとんどの人が満足をしている場合が多いです。
准看護師から看護師になるには、国家試験に合格をしなければいけない高いハードルがあるので、それだけの能力を高めるには時間もかかってしまいます。
看護師不足が嘆かれている今、看護師という仕事のは夜間勤務もあるし、勤務体系も不規則になっています。
しかし、この不景気のなかで一番福利厚生が充実している仕事ではないかなと思います。
それに、一般企業で仕事をしているOLよりも比較的高給料を貰うことが出来るので、長く勤める事でメリットがあったり、将来安定性のある仕事になってくると思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ