大学病院・国公立病院と民間病院  

看護師として病院で働く際には、大学病院・国公立病院と民間病院という選択肢がります。
どちらにも、メリットやデメリットがあるため一概にどちらがいいとは言えません。
大学病院・国公立病院では、医師の数が多いです。
また、最新の医療情報が入ってくるため常に新しい知識を学ぶことができます。
看護師は、患者さんのケアがメインとなります。
わりと、福利厚生など働く環境が充実している所が多いようです。
民間病院では、大学病院・国公立病院と比べて医師の数が少ないです。
このことから、民間病院の看護師の腕は大学病院・国公立病院よりも上なようです。
民間病院では、患者さんのケアと雑務なども多くこなさなければなりません。
大学病院・国公立病院と民間病院では、このように働く条件が少しちがってきます。
看護師として成長するなら、民間病院で何年か経験を積んだ後、大学病院・国公立病院に転職することがいいようです。
しかし、実際働くのはあなたですからあなたがいいと思った方を選ぶといいでしょう。
大学病院・国公立病院と民間病院と言っても、働く病院によって条件は違ってきますので、転職の際には自分に合った病院を選んでください。
看護師の転職が有利に働くとして今注目されているのが、看護師転職サイトです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ