ナースサンダルがなくなったわけ  

昔からナースの制服というのは変化もなく定着しています。
そして、白衣の天使という感じのスタイルでもあります
しかし、最近ではナースの象徴でもあるナース特有のサンダルを履かなくなってきています。
そして、きちんとした靴を履いているナースがほとんどの割合を占めています。
なぜナースサンダルがなくなってしまったのでしょうか??
これは、看護師を守るという事から消えかかっています。
看護師の仕事は時間との勝負で動き回る仕事です。
その為に作られたナースサンダルで脱ぎやすいというメリットがありました。
しかし、履きやすいのがメリットですがかかとの部分がむき出しになっている為に脱げやすいくもなっています。
その為に、転んでしまったりと危険な事が多いので、最近では靴をがくようになって来ました。
それに、何かの拍子でサンダルが脱げた先に注射の針があったり、患者さんの血痕がついてしまうと感染してしまう恐れもあるという事で、ナースサンダルを履かなくなったと言われています。
看護師が動きやすい為に作られたナースサンダルも今となっては、少し危険になってきたという事になります。
ナースの仕事が運動量も激しいので逆に運動靴の方が動きやすく効率もよくなっていくかもしれませんね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ