専門看護師の資格取得  

高齢化社会、医療技術の進歩などに伴って、看護師の担当する分野もどんどんと専門化してきています。
高度な医療治療に対応出来るように、看護師にもより高度な知識や技術が求められてきているのです。
保健師や助産師などの国家資格を取得する人も増えてきていますが、今現在最も注目されているのが「専門看護師」の資格です。

専門看護師とは、日本看護協会の審査に合格した人だけに与えられる職名です。
専門的な看護や治療に携わることの出来る、特殊な資格といえるでしょう。
今の世の中は、複雑な看護問題を抱えた人達に対応することが出来るような、水準の高い看護を行なえる人材が求められているのです。

専門看護の分野としては、精神看護やがん看護、老人看護やクリティカルケア看護などの分野があります。

平成18年度では、専門看護師の認定数は186人となっています。
現在、まだ専門看護師の数は少ないといえるでしょう。
自分のキャリアアップを図ったり、より多くの人の役に立ちたいと思うのであれば、専門看護師の資格を取得することをおすすめします。

看護師求人サイトにも、専門看護師を求める求人は数多くでています。
なので、専門看護師の資格を取得すれば、求人の幅はもっと広がることが約束されているのです。
0

准看護師でも高待遇の求人がある  

正看護師を目指す皆さんが気になるのは、看護師国家試験の合格率だと思います。
国家試験と聞くと、極わずかの人たちしか受からない様なイメージを抱きますが、看護師国家試験に関しては合格する人たちの方が圧倒的に多いです。
毎年実施されるので、毎回同じ合格率という事はありませんが、ここ5年間の合格率は89.5%〜91.8%と、高い水準をキープしています。
これほど高い合格率なのであれば、頑張って勉強すれば看護師国家試験に受かる気がしてきますよね。
なので、最初は准看護師として勤務していた方も、働きながら勉強をして看護師国家試験を受験される方は多くいます。
正看護師の方が待遇が給与が良いですから、正看護師になりたいと考える准看護師の方が多いのは当然の事ですよね。
ですが看護師求人サイトの中には、准看護師でも正看護師の様な待遇を受けられる求人があるそうです。
その様な話を聞くと、今のままでも良いかなと思ってしまいますよね。
ご自分が准看護師に満足しているなら、准看護師のままでも構いませんし、正看護師になるかならないかは本人次第ですよね。
興味のある方は、看護師転職サイトにアクセスして、求人を検索してみてはいかがでしょう。
0

急上昇している看護大学卒業の看護師  

最近の看護師事情として、看護学校を出てから看護師になる人よりも看護大学を出て看護師としての道を進む人が多くなってきています。
昔の看護師は、学歴や技術がなくても働く事ができましたが、最近では他の職種と同じように、高学歴化になっているために、看護師でも大学卒業の人が増えて来ています。
看護師の仕事は、大学を卒業してから就職をする場所がないという事がありません。
好条件で優遇の厚い職場で働く事ができます。
看護師になったからと言って安心するのではなく、スキルアップはもちろんの事、専門的知識向上をする事によってもっと高優遇で高級料な職場で働く事ができます。
看護師という仕事は、知識だけでは仕事をする事ができません。
たくさんの患者さんとのコミュニケーションや技術の向上をする事によって、どんな場合でも技術を発揮する事ができます。
なので、看護学校を卒業をしてスキルアップをする事によって看護大学を卒業をして働き始めた看護師よりも高優遇にされる可能性も高く成っています。
看護師という仕事は、苦労も多いし体力も必要になってきます。
しかし、看護師としての働き方を自分なりに見つける事によって、年収アップも夢ではなくなります。
そして、看護師求人サイトを利用する事でもっと理想的な好条件の看護師求人を探す事ができます。

0

非公開求人を看護師求人サイトで見つけよう  

看護師として活躍をしたいと思った場合にまずは病院やクリニックなど勤務先を探します。
求人探しにはやはり好条件や高優遇の職場がいいと思うのは当たり前です。
よく、クリニックの方が病院よりも給料がいいいという話を聞きます。
クリニックの場合は個人経営をしている事が多いので、経営状態によって優遇の差が出てきてしまいます。
なので、好条件や高優遇のクリニックで働きたいと思ったときには、看護師求人サービスを利用するといいと思います。
人気の高いクリニックの場合は、一般求人では公開をしていない事があります。
転職サービスを通して求人をしている場合があるので、非公開求人としての取り扱いになっています。
これはクリニックだけではありません。
病院や医療機関でも同じ事が言えます。
人気の高い病院やクリニックが求人を一般公開をしてしまう事で、人気が殺到しまう事があり、看護師採用に時間がかかってしまいます。
もし、看護師として転職をしたい場合には看護師求人サイトを利用してより確実に好条件で働く場所を見つけるといいと思います。
看護師求人サイトでは、非公開求人の中で病院側と交渉をしてくれたりするので、活躍をする機会が多くなってきます。
時間の削減にもなってくるので、ぜひ有効活用をしてほしいと思います。
0

精神科の看護師とは  

最近メンタルの弱い人が増えてきて、精神科の看護師のニーズが増えてきています。看護師の転職際にも求人は非常に多いのですが、仕事が過酷なイメージがあるのかそれほど人気がありません。
専門性が高いため、安易な考えでは務める事が出来ない事が原因かもしれません。
精神科での看護師の役割は、通常の病院の仕事内容とは異なります。
一般の病院では、病気が完治をすれば退院をしていきますが、精神科での治療は長期にわたる事が多いので、看護師としての知識は勿論、人間関係の構築が必要となってきます。短期的な入院の人が少ない分、信頼関係を深める必要があるわけです。
最初は、会話が出来ないような人と接し、コミニケーションを続ける必要があるので非常に強い精神力を持っていないと続けることは出来ません。精神科の患者さんは、レントゲンではわからない病気の場合が多く、看護師の洞察力や注意力が回復へと向かうカギになってくるので、やりがいは非常に感じる事が出来ます。看護師の転職や、看護師の求人を見たとき、より高いスキルを磨くのであれば、精神科の看護師を目指すのはメリットが多いと言えます。看護師求人サイトでは多くの案件が揃っています。
0

看護師にとって借り上げ寮は好条件  

看護師として働きたいそんな時には自分の働く環境は好条件の方がいいですよね?
看護師の仕事は福利厚生が充実しているという利点があります。
この福利厚生の中に借り上げ寮という言葉があります。
この借り上げ寮とは、病院側が独身の看護師のために寮を貸してあげる事を言います。

病院側で寮としての物件を持っている場合には利用する事ができますはが、入居者が多いとか部屋が不足をした場合には、看護師が通勤しやすいばしょに病院側が建物を借りて入居をする事ができます。
病院側とアパートなどの賃貸物件を持っている家主との賃貸契約の事を借り上げ寮といいます。
借り上げ寮を導入しているメリットは看護師不足を改善する事や独身の人で違う土地から来る人のためと言われています。
比較的に大きめの病院で借り上げ寮を導入している事が多くなっています。

入居をするにあたって、家賃が半額になるという病院もありますがほとんとが無料で化してくれる事が多いです。
このように、借り上げ寮があるかどうかという条件は病院に入ってみないと実際の事はわかりません。
そんなときに看護師求人サイトを利用する事で、借り上げ寮を導入している病院を紹介してくれたり、見つける事ができるので条件の1つにしたい時には、求人サイトがお勧めです。
0

看護師の教育訓練給付制度 とは?  

教育訓練給付制度とはどんなものなのでしょうか。
教育訓練給付制度は、一定の条件を満たす必要がありますが、条件を満たし、厚生労働大臣の指定する講座を受講して修了した場合において、講座受講修了時点までに支払った学費の20%(上限10万円)が支給されるという制度です。

教育訓練給付の対象の講座はには看護師の講座も含まれていますから、今は准看護師だけれども、看護師の資格を取りたいという方にもお勧めです。
給付を受けることができる方は、雇用保険の一般被保険者または一般保険者であった方です。

この制度が受けられる講座を行っている看護学校や大学は全国に数多くありますから自分のスキルアップのために、受講するするのもいいですね。
厚生労働大臣が指定した講座には、通信教育などを行っているスクールもあります。
通信教育の場合、最低3ヶ月の期間が必要になるので、原則通学講座との組み合わせであることが条件になります。

対象となる講座かどうかの確認はハローワークでも確認することが出来ます。
看護師講座のなかでも、それぞれ特徴があるものです。
資料請求などを行い、情報収集することが大切です。
求人サイトでも、この制度について詳しく解説しているところもあるので、参考にしてみてください。
0

看護職賠償責任保険制度と看護師  

看護師のみなさんは、加入されていますか?今、お勤めの病院に、ありますか?
看護職賠償責任保険制度。
大事な制度ですから、もし転職をお考えの方がいらしたら、参考になさって下さい。
この制度は、看護職につくすべてのみなさんが、日々の業務を安心して遂行し、万が一、医療事故が起こった時に、看護職に不当な賠償がられないように、サポートをしてくれる、保険制度になっています。
あってはならない医療事故。
組織での取り組みと看護職個人でも知識や技術の向上も必要ですが、万一、医療事故の当事者となってしまった場合、損害賠償請求を受けることとなってしまいます。
そうなった時では、遅いのです。なので、その備えの一つとして、必要な保険になります。
その他にも、医療事故が発生した時の保障だけにとどまらず、加入された方みなさんが、事故防止の諸策を講じるために、必要な情報提供や、支援・相談といったサポートも行っています。
保険というのは、目に見えない安心です。
みなさん、日々平和に暮らしているときは、その目に見えない安心の存在に気づいていない方が、多いと思います。
しかし、実際、被害者・加害者になった場合の事を考え、目に見えない安心を手に入れましょう。
0

看護師の勤続年数  

看護師の免許を取得した時は看護師という未知の世界に足を踏み入れるので、ワクワクした気持ちだと思います。
しかし、実際の看護師の勤務というのは体力的や精神的に凄く大変で激務であるとも言われています。

全国的に看護師になって1つの病院で勤務をする年数が平均で7年と言われています。
もちろん、定年までを看護師として働くベテランの看護師もいます。
看護師は女性が中心になっている職場という事もあって、どうしても結婚をした時や出産を経験するという時になると一回は看護師のを辞めてしまう傾向にあります。
そして、子供が大きくなって少し落ち着いた時にまた看護師として復職をするというパターンが多いもの事実です。
そんなときに、看護師という世界は医療との関わりが深いために日々進化をしています。
なので、やめた時の知識では看護師に復職をする事ができるかなと不安な気持ちになってしまいます。

お子さんがいるとか体力的に無理という条件も求人探しに必要になってくるので、ハローワークなど一般で出ている求人では思った求人情報を見つける事ができません。
こういった場合には、看護師求人サイトを利用するといいと思います。

ハローワークにはない求人情報を見つける事ができたり、条件にあった看護師求人を見つける事ができるからです。
長く看護師として活躍するためにも、自分にピッタリな求人情報を見つけてほしいと思います。
0

看護師の復職支援プログラム  

高齢化が進み、医療現場では看護師不足が続いています。
看護師不足解消のために行っているのが、看護師の復職支援プログラムです。
看護師復職支援プログラムでは、看護師の資格を持っていて、看護師として職場復帰を希望している方の不安を取り除くとともに、安心して職場復帰できるように支援するのが目的です。

現在は、看護師の資格を持っているにも関わらず、結婚や出産などの理由で離職している方が大勢いると考えられています。
その方たちに対して、医療機関などで研修を行い最新の現場を体験してもらい少しでも多くの方たちが、職場復帰してもらえればと考えています。
看護師として復帰したいけれども、ブランクがあって不安だという場合には、この看護師復職支援プログラムの利用をお勧めします。
一人で悩んでいても、何の解決にもなりません。

看護師専門の求人サイトなどに登録したり、悩みを相談するのも一つの手だと思います。
求人サイトによっては、看護師復職支援プログラムなどで職場復帰をサポートしてくれるサイトも増えています。

病院側でも職場復帰に向けてサポート体制を行っているところも増えてきました。
復職支援サポートのしっかり整っている病院を探すなら看護師専門の求人サイトがお勧めです。
求人サイトなどを賢く利用して、スムーズな職場復帰を目指しましょう。
0

ママさんナースでも安心  

看護師の世界も昔をは環境が変化してきた為に、お子さんを出産してママさんナースで活躍をする事ができるようになってきました。
昔の看護師の環境というのは独身の人が有利になって仕事をする傾向がありましたが、最近では看護師の求人の条件も柔軟になってきています。
しかし、条件に幅ができたと言ってもやはりブランクというのは少し怖かなと感じると思います。

医療の現場は毎日のように変化をしているので、1年前の医療の知識では実際に現場で活躍をする事ができるかなと不安な気持ちになって復職を拒んでいる人もいます。
ハローワーク求人を探しても自分の思っている求人がなかったり、夜勤があったりなどの条件が合致しない場合があります。
そんな時には看護師求人サイトを利用する事で、自分の条件にあった求人情報を見つける事ができます。

短時間勤務や、今後の事を考えて産休のある病院、子育てをしながら看護師として働く環境を探す事ができます。

ブランクが気になる人は、看護師求人サイトに登録をする事で色々な相談にのってくれたりするので、ブランク期間のある人でも看護師として活躍をする事ができます。
求人サイトの中には、日勤のみや託児所完備という所も多いのでぜひ活用をしてほしいなと思います。
0

3交代制とは何か  

看護師の勤務スケジュールには、3交代制が適用される事が多いです。
看護師を3つのグループに分け、8時間ごとにそれぞれのグループが交代するようなシステムになっています。

看護師が勤務する時間は固定ではありません。
3交代制の場合は、3つのグループが日勤と準夜勤と夜勤をローテーションで回すことになります

日勤は朝8時〜16時までが勤務時間です。
準夜勤の場合は16時〜午前0時までです。
夜勤の場合ですと、午前0時〜翌朝8時30分ごろまでとなっています。

3交代制に限らず、ローテーション勤務が基本の現場ですので、申し送りなどが必要になってきます。
ですから、交代の時間が30分ほどだぶるようになっているのです。
この時間がある事で、患者さんの情報などを次のローテーションの看護師たちに伝える事ができるのです。

このようにして、看護師間の連携をきちんと取る事が、医療の現場では重要になってきます。
3交代制とは言え、後にグループが変わる事も考えられますから、職場の看護師すべてとコミュニケーションを取っておいた方がいいのです。
この30分は、そのコミュニケーションの為にもあると言っても良いでしょう。
例え事務的な内容の会話であれ、何も会話しないよりはコミュニケーションになりますからね。

 

0

2交代制とは  

看護師の勤務スケジュールに2交代制を採用している所も、最近では増えてきています。
2交代制ですと、看護師は日勤と夜勤をローテーションで回す事になります。

2交代制の場合は、日勤と夜勤の勤務時間は病院によって様々です。
最も一般的な勤務時間でしたら、日勤は8時間ほど、夜勤は16時間ほどという事になります。

ですが、中には日勤と夜勤の勤務時間が同じケースもあるのです。
つまり、日勤でも夜勤でも勤務時間が12時間という事になります。

2交代制のメリットは、休日の確保がしやすい事です。
ですがその分、1回の勤務時間が長くなってしまいます。
休みを確保しやすい分、勤務のハードさは3交代制を上回るのではないでしょうか。

ですが、2交代制の方が連休が取りやすいという事も事実です。
休みが取りやすい勤務環境が良いのか、普段の勤務時間が短いほうがいいのか、意見が分かれる所ですね。

現在では、高齢化も手伝って、病院関係者の労働負担が増加していることが社会問題になりつつあります。中でも、患者さんの直接のケアを行っている看護師への負担が大きくなっています。

連休が取れた方がリフレッシュしやすいという人は、2交代制の病院を選ぶと良いのではないでしょうか。

0

ナースキャップが使われなくなった理由  

看護師といって、一番先に思いつくのがナースキャップという人が多いのではないでしょうか。
たまに再放送などで昔のドラマを見ていても、看護師役の人はナースキャップをかぶっています。
しかし、最近ではナースキャップをかぶっている看護師を見る事は少なくなってきました。
ナースキャップが使われなくなった理由の一番の原因としては、やはり邪魔になるという事らしいです。
ナースキャップは、髪の毛が落ちないようにするためであったり清潔な印象を持たれるということから、始まっていました。
看護師の仕事は、とても忙しいものです。
それに、病院にはたくさんの医療用具があり、よくナースキャップにぶつかるのだそうです。
そのたびにピンでとめてあるナースキャップをつけ直さなければいけないため、時間と手間がかかるそうです。
それに、ナースキャップは毎日つけるものですから、衛生的な問題もあるそうです。
1日のうちに何度もつけたり外したりするものではないですので、ほこりがたまりやすいそうです。
看護師さんは、人の命を預かる重要なお仕事です。
そのため、スピーディーな行動が必要になってきます。
ナースキャップがその行動を妨げてしまう原因の1つならなくなったのは仕方のない事でしょう。
0

医師への伝達は看護師  

看護師の普段のお仕事は、たくさんあります。
たくさんの種類の検査を行ったり、患者さんとこコミュニケーションを図ることも重要なお仕事です。
検査では、検温や血圧測定などさまざまな事がありますが、検査の結果により今後の治療方法が決定するのです。
今後の治療方法を決めるのは医師の役割ですが、看護師はその検査結果について細かく医師に報告する必要があります。
患者さんと主にコミュニケーションを取るのは看護師ですので、患者さんの状態や状況を医師に報告する重要な役割を担っています。
とても細かな事ですが、こういった看護師からの情報が医師の今後の判断を左右します。ですので、その情報の伝達には正確性が大切です。
看護師の情報が誤っていると重大な医療ミスを起こしかねません。
最近では、医療ミスのニュースなど目にする機会が多くなっていると思います。
その中の医療ミスは、伝達ミスによって起こることもたくさんあるそうです。
それほど、看護師のお仕事は大切なものなのです。
患者さんの情報やその他情報を医師に報告するのは看護師の役割です。
看護師は、患者さんの命には直接関わらないと思われがちですが、患者さんと医師の間にいるとても重要なお仕事なのです。
0




AutoPage最新お知らせ