正看護師になるには  

正看護師の仕事は好条件で仕事が見つからないという事事がないので、人気傾向にあります。
それに、最近多くなっている派遣切りやリストラになりにくい職種です。
メリットや条件のいい正看護師になるのは一体どのようにしたらいのでしょうか?
正看護師になる為には、まず国家資格を取得しなければいけません。
国家資格を受けるにもある程度の知識が必要になってきます。
まずは、看護養成学校で3年以上看護師になるための勉強をしなければいけません。
看護養成学校は、看護専門学校、看護短大、看護系の大学の3つの種類があります。
他にも、厚生労働が指定した看護養成学校を卒業する事や免許をまずは准看護になって3年以上の実績をもつ事。
このように、国家試験を受けるにも条件があります。
国家試験の内容に関しては、10科目あります。
人体の構造や病気など基本的な事が多くなっています。
正看護師になるための国家試験の合格率は90%前後になっているので、そんなにレベルが高い難関な国家試験ではありません。
きちんと看護学校で勉強をする事で合格をすると思います。
看護師になって人の助けをしてみたいとか、何か手に職をつけたい時にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
0

ナースサンダルがなくなったわけ  

昔からナースの制服というのは変化もなく定着しています。
そして、白衣の天使という感じのスタイルでもあります
しかし、最近ではナースの象徴でもあるナース特有のサンダルを履かなくなってきています。
そして、きちんとした靴を履いているナースがほとんどの割合を占めています。
なぜナースサンダルがなくなってしまったのでしょうか??
これは、看護師を守るという事から消えかかっています。
看護師の仕事は時間との勝負で動き回る仕事です。
その為に作られたナースサンダルで脱ぎやすいというメリットがありました。
しかし、履きやすいのがメリットですがかかとの部分がむき出しになっている為に脱げやすいくもなっています。
その為に、転んでしまったりと危険な事が多いので、最近では靴をがくようになって来ました。
それに、何かの拍子でサンダルが脱げた先に注射の針があったり、患者さんの血痕がついてしまうと感染してしまう恐れもあるという事で、ナースサンダルを履かなくなったと言われています。
看護師が動きやすい為に作られたナースサンダルも今となっては、少し危険になってきたという事になります。
ナースの仕事が運動量も激しいので逆に運動靴の方が動きやすく効率もよくなっていくかもしれませんね。
0

パンツルックの看護師が増えたわけ  

最近の看護師のスタイルがスカートではなくパンツスタイルになっている事を知っていますか?
「看護師=スカート」という印象があるので、パッと見ると凄く違和感を感じてしまいます。
しかし、スカート姿では活発的に動く事ができないし少しの細かな動きを機敏にする事ができません。
しかしパンツスタイルの場合は動きやすく患者さんを介護する時に楽に作業をする事ができます。
看護師の仕事は患者さんのケアはもちろんの事リハビリ中の患者さんの身の周りのお世話、医療関係の業務など多彩な面にわたって作業をしなければいけません。
それに患者さんのケアに関しては、重労働になってくるのでスカートよりもパンツの方がいいという事になってきます。
仕事の面でも厳しい環境にある看護師の仕事は、自由に動く事ができるスタイルの方が効率的に仕事をする事ができるという事もあって制服にパンツを採用しているクリニックや病院も多くなってきています。
看護師になりたい人はほとんどの人が白衣の天使スタイルを想像しているとおもいますが、医療の現場はそんなに簡単な業務ばかりではありません。
医療に関わる、そして命を守るという事から考えると凄く重要な仕事ではないかなと思います。
0

転職する看護師事情  

看護師の資格を持っている事で一生仕事を続ける事ができます。
結婚をして子供が産まれても復職しやすい仕事の1つです。
その一方で看護師を転職したいという人も多いです。
日本にはたくさんの医療機関やクニック、介護施設があります。
働く環境が良くない場合もあります。
それに、女性ばかりの職場になっているので女性の間でのトラブルだったり、職場の環境に馴染めない事で、転職をする人が多いです。
昔からのクリニックや大企業の病院になると、それなりの社風があるのでなかなか新人や他の病院から看護師として転職をしてきても馴染めない事もあります。
他にも、勤務形態などがよくない事もあります。
最近では、週休2日の病院や希望する時間帯での仕事ができる病院も増えてきていますが、全体的には医療機関という事で馴染んでない病院もあります。
それに、ブランク期間が長いと転職先があまりないとも言われています。
それは、医療の技術は毎日発達をしています。
その為に、注射のや点滴などの関する知識も変化してきています。
なので、少しのブランク期間があった場合の転職はセミナーに通うなど事前学習をするといいと思います。
いづれにしても、自分にあった転職先を探してほしいと思います。
0

看護師の資格取得方法  

天使の白衣。
子供の頃に看護師になりたいと思っている人も多かったでしょう。
実際に看護師の資格をとるにはどうしたらいいのでしょうか?
看護師になるには、高校卒業をしてから専門学校などの看護養成所に通わなければいけません。
この期間は3年間です。
他にも、大学で4年勉強をする方法と短期大学で3年勉強をする方法もあります。
その後国家試験に合格をする事で看護師の資格取得をする事ができます。
看護師にも認定看護師の資格もあります。
これは、保健師や助産師、看護師の免許を持っていて実務経験が5年ある事で認定看護師の資格を得る事ができます。
こうして苦労をして看護師の資格を取得をします。
看護師の一歩手前の准看護師の資格を取得でほとんどの人が満足をしている場合が多いです。
准看護師から看護師になるには、国家試験に合格をしなければいけない高いハードルがあるので、それだけの能力を高めるには時間もかかってしまいます。
看護師不足が嘆かれている今、看護師という仕事のは夜間勤務もあるし、勤務体系も不規則になっています。
しかし、この不景気のなかで一番福利厚生が充実している仕事ではないかなと思います。
それに、一般企業で仕事をしているOLよりも比較的高給料を貰うことが出来るので、長く勤める事でメリットがあったり、将来安定性のある仕事になってくると思います。
0




AutoPage最新お知らせ