2013/7/15  21:29

C62-42号機  

クリックすると元のサイズで表示しますC62-42号機
クリックすると元のサイズで表示します
42号機は宮原→小樽→仙台で活躍した釜で、東北で活躍したハドソン機のうちの1輌です。
この機の大きな特徴は、宮原時代に装備していた、D52型の集煙装置をC62用にした特殊集煙装置
この42号機に搭載された集煙装置は試験的に取り付けられたもので、42号機以外のC62には装備されず、42号機オンリーの装備だったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
実物はD52用もC62用も、とうの昔に消え去っていてわからないので、銀河モデルのNゲージ用42号機集煙装置を参考に造ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
製作はプラ板を蓄積してそれを削って整形
塗装はサフ吹いてマジックペンで塗ったくっただけ
集煙装置の接着固定は行わず裏に両面テープとマスキングテープ貼り付けて固定
簡単に取り外しできるようにしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
シロクニ本体のほうは
テンダーのライン落とし
ロッドをグレータイプに交換
ロッドを赤で色挿し
ナンバープレート貼替え
この4作業のみ。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ