カールスラント開発記(005) 三大河が一つに  simutrans

クリックすると元のサイズで表示します
サーニャ、14歳の誕生日おめでとう!



とまぁ、アニメでもやっていただけた某写真のシーンが撮られたであろう時間のカールスラント支部です。






それから10年・・・


    舞台は新時代へ    

どうもこんにちは。結構放置してたかなと。


ですがゲームはちょくちょくやっているので既に前回更新から13年の時がすぎ、1956年になっています。日本が国連に加盟した年です。
また日ソ共同宣言や第2次中東戦争、ハンガリー動乱などが起こった年でもあり、東海道本線の全線電化が完了した年でもあります。


カールスラントはといいますと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

サテライトが少しにぎやかになってきました。
都市名を入れると見えづらくなったので都市名は消しています。

最初に新路線を少し紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

まず「ICE」カールスラント新幹線がドレスデン〜フランクフルトで開業しました。
こちらは快速線・緩行線の2線にわけて運転されており、快速線ではN700系が、緩行線では500系がそれぞれ16両で運転されています。

途中駅は、ドレスデン・(デーベルン)・ライプツィヒ・(イェーナ)・エルフルト・(シュマルカンデン)・(ダーンバッハ)・フルダ・(ヴヒタースバッハ)・(ハーナウ)・フランクフルトです。()の付いている駅は快速線が通過となる駅です。

途中フルダではニュルンベルク方面からやってくる新線と接続をする予定です。



クリックすると元のサイズで表示します

新幹線の並行在来線はエルフルト駅で分断されています。
ドレスデン〜エルフルトは165系11両(うちG車1両)、エルフルト〜フランクフルトは475系・413系の9両となっています。


また、10年前まではSL+14系で動いていた大津〜プラークの特急は485系による運転に、キハ81により運転されていた大津〜ベルリンの特急は383系による運転に変わりました。
しかしながら同区間を走る普通列車は未だにSL+50系客車という貧相な編成です。





待望のライバル会社も開業しました。これにて各会社間での対立が発生しますね!燃えますね!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは「カールスラント国営鉄道」による新線です。
ビルナ(ドレスデン付近)〜ベルリンで開業しました。
現在は普通列車オンリーです。特急車はビルナから接続する予定の会社「オストマルク国営鉄道」の路線を直通してプラークまで直通で運転する予定です。これにより383系でバンベルクまで、そこから485系で、と移動したベルリン〜プラークの移動も1本で済みます。

ですが、特急車はあろうことか、ベルリンへ直通しない予定です。
恐らくベルリン〜プラークは快速急行的何かによる運転になりそうです。
特急列車は快速線を走ることになるのですが、快速線は途中のデッサウ=ロスラウからは別路線と並行して走ることとなります。

別路線開業を見越したため、ベルリンの2つ手前のツォッセン駅にて十字にオーバークロスさせるため、さらにベルリン付近の高低差ある地形のためにベルリンへ直通できない配線となってしまったのが原因でもあります。

しかし高度を2段階一気に下げるという無茶な配線を組んだ結果、特急線より分岐した支線によってベルリンへ直通させることができます。
ベルリンの1つ手前、マーロー駅の下をクロスさせることにより、ベルリン駅では緩行線の隣にホームを設けることが出来ました。特急線はマーロー駅は停車しません。


もちろんそれに黙っていないのがFR扶桑カールスラント支部。こちらも現在進行形でプラーク〜ベルリンを特急で直通させようという計画が上がっています。

同時進行でドレスデン〜ザールフェルト間の新線を開業させる計画も実施されておりますが、この路線を少し延伸、ザールフェルトからバンベルクを通さずにカルロヴァヴァリ・ヤーヒモフへ直通する路線が建設中ですが、この建設中の路線(緩行線オンリー)に快速線を追加で建設、カルロヴァヴァリ発車後にプラーク-バンベルク線から乗り入れ、ザールフェルトの手前でバンベルク-ベルリン線に入るという形で特急を走らせる計画が進んでおります。

また、航空会社も発足しまして。


クリックすると元のサイズで表示します
「LTU国際航空」です。

こちらは現在ベルリン・ブランデンブルク国際空港とフランクフルト国際空港を結ぶ1路線のみの運航です。


ですが、まぁ予想通りといえば予想通りなのですが、この会社。

信じられないくらいの赤字経営となっています。

まぁ飛行機を動かすという時点で赤字は覚悟しなけりゃいけないのですが、それが新会社となれば別。早急に手を打つ必要があります。

フランクフルト国際空港は駅からの距離が結構あったのでバスを何台か走らせて何とか1便に10名ほど乗るようにはなりました。それでも10名ですが。

問題はベルリンです。
こちらも郊外に空港があるために、路面電車で何とか客は運んでいるものの、既に2路線に分けて何とか経営しているベルリンではベルリン駅から直通で路面電車を走らせる余裕はありません。さらに路面電車で運びきれない客を輸送するためのバスによって3つあるバス停はいっぱいいっぱい。
そのため直通はできないという結論に至りました。




ですが。


地上が駄目なら、地下でいいじゃない。


という考えに至りました。
地下1階はFR扶桑の駅が、地下2階にはカールスラント国鉄が。地下3階に当たる部分は残念ながら海水面の高さになるため存在しません。

なので実際のベルリン・ブランデンブルク国際空港(2013年開港予定)のようにSバーン乗り入れなど別会社により新線を開業することも出来なくなりました。



ならば既存の路線を使って開業させるしかないという点に目をつけたのはFR扶桑。



支部長(俺)「だったらプラークから空港特急を動かしてしまえばいい」


ベルリン駅では既に383系による特急が折り返しで運転しており、ベルリンで折り返しをすると詰まりが発生するのは目に見えている。ならばベルリンの手前で路線を分け、ベルリンを通ってベルリン・ブランデンブルク国際空港駅へ乗り入れさせます。
こうして少しは利用客が増えるのではないかとひそかに期待しています。


しかしイェーナ・ライプツィヒからは新幹線とも接続をしているので、空港特急という名目ではありますが、カールスラント国鉄のプラーク-ベルリン直通に対抗しているようなものです。


激化してきた各社の対立、いやー暑いですね。

それでは長くなりましたので一旦ここで切りましょう(実は眠いだけです)
0

カールスラント開発記(004) 舞台はエルベ川へ  simutrans

はい、相変わらずの更新です。


昨日お伝えしたとおり、更なる延伸を致しました。
現在のサテライトはこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

見てお分かりの通り、カールスラント首都、ベルリンまで直通致しました。
大津〜ベルリンでこの路線の延伸は一旦停止となります。

そして1つ都市の名前を変更しました。
・市場→ミュンヒベルク

ちょうどこの位置にあったのと、駅以外に名前を変えなければいけないところがなかったためちょうどよかったので変更しました。

また、呉駅の駅前になかなか建物が建たないのでいっそのことと思い「バンベルク」という都市を建設。

クリックすると元のサイズで表示します
右下が新都市「バンベルク」、上のが「呉」です。

バンベルク駅(旧:呉駅)はベルリン方面へ向かう路線とプラーク方面へ向かう路線の分岐駅になりますので、とても混沌としています。遅延・詰まりなんて普通になってきました。
ちなみに今まで8面6線で最大規模だった上呂駅を既に抜き、バンベルク駅は9面9線の駅となっています。地上駅が緩行線、地下駅が快速線になってます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは快速線でバンベルクの次駅となる「イェーナ」です。特急停車駅のため1万5千人規模の中都市となってます。

クリックすると元のサイズで表示します
「イェーナ」の次は「メルセブルク」です。こちらは快速線は通過になります。
緩行線でベルリンに向かう場合はこの「メルセブルク」かその次の「ライプツィヒ」で乗換えが必要です。直通でベルリン行きたいやつは特急使え。

ベルリンへ向かう緩行線の始発駅がこちらのメルセブルク駅です。基本ディーゼル車両6両で運転されています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらがその「ライプツィヒ」です。上呂行きの緩行線の始発駅です。
上呂〜ライプツィヒ緩行線はC62+12・14・50系客車の混成編成が担当しています。
ベルリンへ向かう緩行線はこの後、メルセブルクからフランクフルト方面へ延伸が予定されているため、そうなる場合はさらにもう2線が追加されるはずですw

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはエルベ川沿岸の都市「ヴィッテンベルク」です。
そばを流れる大河がエルベ川ですね。今までドナウ川周辺でうじうじやっていたのですが、ついにエルベ川を渡る橋も完成しました。次はライン川です。

ちなみに、橋を渡っているのはキハ80系を使用したベルリン〜大津の直通特急です。愛称はまだありません。
ただ、既に電化計画が持ち上がっており、キハ80系が運用についている期間は短くなるかもしれませんね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
そして「ポツダム」です。こちらは2万5千人規模の大都市となりました。
駅は陸上だとどうしても土地の確保が出来なかったので地下駅になってます。手前の「バートベルツィッヒ」出発後すぐに地下に入れてます。
また駅への集客、および隣の「ベルリン」への輸送には路面軌道でデューヴァクを使用しています。これは後述の「ベルリン」での失敗を元に輸送力の強いデューヴァクを使用しましたw


クリックすると元のサイズで表示します
最後に帝政カールスラント首都「ベルリン」です。
左側にある一際高い高層ビルがベルリン市役所です。カールスラント政府も兼ねてます。というかむしろそっちがメインだったり・・・。
そのすぐ横、左端にある水色のたてものが「FR扶桑カールスラント支部」の本社となります。

路面軌道は政府ビルに隠れて見えませんが、「ベルリン中央駅」にてポツダム市内線とベルリン市内線が接続しています。
んで、先ほどの失敗というのが、ベルリン市内線の車両。
こちら福井鉄道(元名鉄)の770形・880形・800形、豊橋鉄道の780形を中心に動かしているわけです。
弱点はその輸送力のなさ。2両で定員100名というのは流石にきつかったですね。同じ2両でも230人を輸送できるデューヴァクとは似たようでかなり違いました。
おかげでどの電停でも乗車できず積み残しの客が続出、囲いつきのバス停にしてもやはり客は増える一方・・・。

そこで、本家名鉄バスによるバス輸送をベルリンの町を3つに分けて3路線が動き始めました。どの路線も必ずベルリン駅には乗り入れるようになっています。
おかげで混雑は解消され、今はある程度円滑に回っています。


現在このベルリンは首都の名にふさわしく4万人と、最大人口の都市です。これがいつまで続くやら・・・。




作ろうとしていた路線図はまだ作ってないですw一晩じゃ無理。


それでは次回005、第二次ネウロイ大戦、お楽しみにw
0

カールスラント開発記(003) オストマルク直通  simutrans

どうもこんばんは。本家よりもあからさまに更新スピードが速すぎてむしろこっちが本家だ!と言いたくなる更新3回目です。


昨日ある程度の地図を作った8ヶ国の地図ですが。

どうやらカールスラントとオストマルクの国境は市場〜坪井間にあるようでして。


昨日書いた、「国ごとに会社を別にする計画」、最初から挫折しました。

仕方が無いので、既に建設してあるためこれは撤去せずに現実世界でいうチェコの首都、プラハの位置にある「プラーク」まで直通で運転させます。

そういえば、オストマルクって首都はどこになるんでしょうね。形的にチェコ・オーストリア・スロバキア・ハンガリーの4国なので、都市の大きさ的にはオーストリアの首都ウィーンがそれっぽいですが・・・。

とりあえずウィーンも作れる圏内にあるため、次のオストマルク国内路線はプラーク〜ウィーンを建設することにしましょう。



複々線という特性をいかし、普通列車のほか特急列車も動かしました。

車両は普通:C62+50系客車、特急:C53重連+12・14・20系客車混成。


それでは各町の画像を少し。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは上呂です。現在上呂駅は8線6面と、カールスラント国内だけでなくこの周辺で一番大きな規模の駅になってます。一番手前から、貨物線2線、快速線2線、緩行線3線、路面軌道1線です。緩行線の中線はまだ未使用ですが、次回あたりからこの駅折り返しの別路線の普通列車が乗り入れる予定です。

都市の規模もだんだん増えていって現在2万8千人の大都市になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
呉の町です。500人程度だった農村は現在2千人の中都市に発展してきました。立地条件上、駅までが少し遠く路面軌道で何とか補ってはいますが、駅前が少しさびしい感じですね。ここは何とかしようと思ってますが、いつ手をつけることが出来るやら・・・。

陸上で東へ方向を変えている路線が緩行線になります。その奥の路線が次回延伸予定の路線、手前の谷間を走っているのが快速線です。快速線の呉駅は地下ホームになっていますのでこちらは7線7面の駅です。
貨物線は少し離れたところをショートカットで進んでいますので呉市内を走ってはおりません。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは新しく誘致した都市「ヤキモフ」となります。実際にチェコ共和国に存在する都市のようです。もともと炭鉱を集中させた場所だったのですが、そこにちょうど町があったので誘致しました。本線系統とは少し離れた位置ですので、近くの「カルロヴァヴァリ」から別路線が延びています。ちょうど和田岬線のようなものです。

この路線はここより延伸させる計画は今のところないので線路もこれだけです。延伸することになるならば全部地下化させることになるでしょうね。
セメント工場のほうは大津まで運ぶ貨物線の終着駅になってます。手前の下に伸びているのは採石場への専用線、工場そばを東に走っているのは砂採取場への専用線、西に伸びている3線のうち電化されていないのが炭鉱への専用線、電化されているのが大津への貨物線とかなりややこしい配線になっています。

ちなみにカルロヴァヴァリ駅には全列車が停車しますので接続の便はとてもよろしくなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは「クラドノ」です。辻堂〜プラークの間に存在する町で現実にもあります。
誘致したばかりでこの先の発展に期待したいところですが、既に複々線で併走なんてものが当たり前になっています。ちなみにクラドノでは快速線2線・緩行線2線ですが、辻堂〜市場では快速線・緩行線2線・快速線とクラドノ〜辻堂で少し複雑な配線を設けています。

・・・この工事の際に少し間違えて、列車を走らせてから気付いたのですがこの区間で快速線と緩行線が逆転するバカをやらかしてしまって、最初からダイヤは乱れていますw

クリックすると元のサイズで表示します

最後にオストマルクの都市、「プラーク」です。
実際のチェコ共和国首都「プラハ」の位置に存在していますが、一応世界観はストパンから取っていますので都市名はそちらから「プラーク」と名前をつけています。現在は5千人規模の中都市です。

駅の裏側(手前側)にも町が発展したらいいなと考えているのでそれも見越して路面軌道は2線駅に、鉄道用の信号を用いて2路線が入線する駅にしようと考えています。

この駅はこの後、恐らくオストマルク最大の都市となる「ウィーン」へ延伸する線路が敷かれることとなると思います。ですが工事は先に「ベルリン」まで延伸させるのが先決かなと思ってますのでそちらを優先します。



クリックすると元のサイズで表示します

現在のサテライトはこんな感じです。まだほとんど緑ですねw

次回は呉から奈良を経由してベルリン方面へ延伸します。実在する路線を使って、ザールフェルトやライプツィヒ、ヴィッテンベルクを経由してベルリンに向かうルートを予定しています。また、ニュルンベルクからヴルツブルク、ハノーファーを経由して沿岸都市ハンブルクへ抜けるルートも計画しています。
とりあえずはしばらくカールスラント国内を充実させてからほかの国へも列車を走らせていこうと思います。

次回までに手書きで路線図書いておきましょうか。路線図作れるフリーソフトとかあったら教えてくだs(ry





(003)は1936〜39のハイライトです。ネウロイ?何それおいしいの?

004・005あたりはアニメ時代真っ只中な世界になるでしょうね。ここがブリタニアだったら海沿いの路線に木材輸送を動かしたのですが・・・。





あ、今日ショートケーキ食べましたよwおいしかったですよwww
ついついたくさん買い込んでしまうケーキ、女っぽいと思われるかもしれないですけど、甘党の自分にはケーキたくさん食べてしまうんですよね。いいじゃん別に。


それでは、次回004、第二次ネウロイ大戦中のカールスラントをお楽しみくださいw
0

カールスラント開発記(002) サーニャ誕生日おめでとう!  simutrans

002とはなってますが実質001ですw

マップは変わってないですが都市配置が微妙に変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します
現在のサテライトマップです。

ちょうど現実世界でいうニュルンベルク周辺の「上呂」という都市が一番人口の多い都市でしたのでそこを中心に開発が進んでおります。

実際のニュルンベルクは上呂の少し西かなと思うので、そっちに新しくニュルンベルクを建設しようかなと思ってます。

現実である都市は現在フランクフルトとベルリンをそれっぽい場所に建設しております。
ベルリンのほうは上呂に続く大都市になってますが、そっちまで建設の手が伸びるのはいつになるだろうか・・・。


んで地図を見る限り、カールスラントだけじゃないということがわかりますよね。

クリックすると元のサイズで表示します
合計8つの国がひしめいてました。

国境線を全く気にせず建設していたのでどっか国境で分断されてしまうかなと心配したのですが、ギリギリ辻堂がカールスラントに留まってくれたのでよかったです。

国境では会社を変えるつもりはありませんが、基本的に列車系統は直通列車を除き分断させるつもりでいたのでひとまず安心です。

この開発がいつごろ終わるかわからないですが、今度はガリアかヴェネツィア、オラーシャを中心に建設したかったのである程度布石は敷けたと思います。マップ外との直通も頭に入れて建設していこうと思ってます。

現在ですがマップ中央、大津〜呉で旅客列車を運転しています。駅は大津・上呂・呉と、都市間輸送だけでまだ町は誘致しておりません。

市場付近には資源・工場などがあったので大津の工場や販売店までELを使用した貨物列車を運転させています。基本的にEF65やEF81の重連ですが、1編成だけなぜかEF66の重連も動いていたりします。もちろんのことですが原色重連はもちろん、銀釜重連や茶釜、センゴックなどが走っているため現実で起きれば歓喜です。

旅客列車ではSL+客車を使用したものでオユを最後尾に連結しています。
辻堂まで複々線で建設がしてありますが、上呂〜大津の山岳地帯をどうするかでかなり時間をかけているためまだ実質単線で運転していますが、大津まで複々線で開業すればすぐにでも呉〜辻堂も営業運転を始める予定です。

現時点ではカールスラント・オストマルクの直通列車は運転させるつもりはありませんが、オストマルク内がある程度の発展を遂げたら直通で列車を運転させます。
その前にまずはフランクフルト・ベルリンへ直通させるのが先決でしょうか。


まぁストライクウィッチーズの世界観ではやっていますが、既に年代は1937年。
ちょうど扶桑海事変が起きる頃で、ヨーロッパ本土はネウロイの侵攻にやられているわけで、しかもカールスラントは国土の大半が陥落していますからこのように開発なんて出来ないんですけどね。そこのところは原作何それですすめて行きますw





今回の報告はこの程度です。

ちなみに今日8月18日はサーニャの誕生日ですw
ほかにも芳佳と静夏が誕生日なのですが、彼女たちは扶桑ですので←

というわけでケーキ買ってきました

クリックすると元のサイズで表示します
※エイラは友情出演です※


納涼祭があったのですが、帰る前にファミマ寄ってきました。
まぁショートケーキあたりあるといいなと思ったのですが売ってるはずがないので、ティラミス買ってきました。1つしかなかったのですけどね。。。。

明日ショートケーキ買ってきますか。すまんサーニャ、明日・・・。

ちなみにデスクトップでやったので邪魔なショートカットが写ってるので全部モザイクかけました。。。


これのおかげで今日1日あらぶっていた俺がいます、いやぁめでたいね!ホントにね!



それでは次回カールスラント開発記003お楽しみにw
0

カールスラント開発記(001)  simutrans

どうもこんばんは。勇者部です。

こっち更新するなら本家更新しろよとか文句言われそうですが俺はめげません←



えー、シリーズ化しそうなのでタイトルも新しく付け直しました。

今回からの開発はこちらのマップです。
クリックすると元のサイズで表示します

はい、ド○ツですね。ナ○スド○ツです。

FR扶桑さんとしては、芽華地区の開発を進めて行きたかったのですが、


間違ってデータBANしました


んまー、ちょっと遊んでいたあとにさて開発と思ってデータをロードしたつもりだったんですけどね。
あれ、ロードじゃなくてセーブだったんですよねwwwwwありがちなミスですw

しかもセーブに確認画面なんて出てきませんので。気付いたときには遅し、上書きされた後でしたとさ。


というわけで折角なので新マップということで新シリーズは「帝政カールスラント」が舞台となってます。
まぁ、ウィッチさんたちが飛び交っていそうですがそんなアドオンを作る才能は俺には全くございませんので流石にやりませんw

ネウロイとかいう謎の飛行物体が飛び交っているのですがそれは正直「ガン無視」でやっていこうかと。たまにネタはしますよ。



※こうやってる間にもサーにゃんの画像見てほああああああとか叫んでいるのでこの記事書いてるだけでもかなりの時間経ってます。

とりあえずエルベ川(マップ右側の大河)の下流に位置する「梶屋敷」から発展を始めていきます。名前は日本名準拠ですが、ストパンの町に近い位置に位置する町はその名前になるかもね!

そんなこんなで扶桑皇国の一支部長が送るカールスラント開発記、始まります。












明後日土曜日はサーにゃんの誕生日ですので祭りやります。芳佳?眼中になし。

追記:今度はセーブされなかった。。。なきたい。。。
0




AutoPage最新お知らせ