2009/11/20

加速度センサーについて  加速度センサーで計測する

加速度センサーとは、物体の加速度(速度の変化率)を計測するための装置。一定時間の間に速度がどれだけ変化したかを無料メル友は、計測する。加速度センサーの組み込まれた機器では、それを持つ人が「走り始めた(速度が上がった)」ことや、無料メル友が「走るのをやめて歩き始めた(速度が下がった)」ことなどを判別できる。

 加速度センサーでは物体の移動速度を直接計測することはできないが、状態の変化を連続的に記録することで、現在の状態を推測することができる。また、加速度センサーは人間や機械の運動による動きの変化だけでなく、重力による運動の変化を計測することもできるため、物体の傾き具合を検出することもできる。

 加速度センサーの応用例としては、ロボットの姿勢制御や、エアバッグのための衝突検知などが挙げられる。コンピュータでは、ハードディスクの安全性向上に用いられたり、任天堂のゲーム機「Wii」で、コントローラに加速度センサーを搭載することで、従来のボタンによる操作とは一線を画した操作方法を実現している。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ