2011/2/26  23:27

「181系あさま・あずさ」  

            
クリックすると元のサイズで表示します181系あさま・あずさクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1966年(昭和41年)10月1日上野駅 - 長野駅間で特急「あさま」として運用開始した碓氷峠専用編成の181系です
信越本線の急勾配区間であった横川駅 - 軽井沢駅間(碓氷峠)では、EF63形を上り方に連結し電車は無動力にして坂を上り下りしていたので、編成両数に制限がかかり、特急列車の当時の平均的な編成が10 - 12両編成であったのに対し、「あさま」は食堂車の連結も省いた8両編成となっています。


クリックすると元のサイズで表示します
181系「あずさ」は、松本と新宿を結ぶ特急として1966年(昭和41年)12月12日に登場
「あさま」と同じ181系を使用して運行されていました
編成数は8両の「あさま」とは違いビュッフェ車などを連結した12両や11両編成でした

__________________________________________________________________________________________
種車は実車同様151系こだま
クリックすると元のサイズで表示します
上野側の後尾車にBトレの連結器を切断した物を接着してダミー連結器に
クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドマークはシール用紙に手書きで製作、帯はシール用紙をGMマーカーの赤で塗装して製作しました
クリックすると元のサイズで表示します
EF63型と連結する為に伸縮式連結器を装備しています
クリックすると元のサイズで表示します
横川駅でのEF63型電気機関車との連結風景再現
クリックすると元のサイズで表示します
屋根上ライトは面倒なので撤去していません
クリックすると元のサイズで表示します
あずさ編成は赤帯をシール、ヘッドマークは紙に印刷した物をのりで接着しています
EF63と連結はしないので伸縮式連結器は装備していません。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ