2013/1/21  0:28

Ne001+Ne002編成  

クリックすると元のサイズで表示しますE259系Ne001+Ne002編成
クリックすると元のサイズで表示します
2010年、東海道本線・保土ヶ谷駅にて、Ne001編成
253系を置き換えて2009年に運用を開始した「成田エクスプレス」用新型車両
塗装・ロゴマークと共に初代N`EX253系から継承しているN`EX正統後継車です。

クリックすると元のサイズで表示します
トップナンバー編成Ne001(手前)とセカンドナンバー編成Ne002(奥)の2編成です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
種車は製品のE259系4編成とプラレール博限定E259系パンタ無中間車4両。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
連結対応化先頭・後尾車
Ne001編成の後尾車とNe002編成の先頭車には連結運転用の連結器を取り付け。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
モハE259-500(ダブルパンタ中間車)
モハE259-501・502となる中間車は製品はモハE259-0番台(パンタ1器装備車)なのでパンタグラフ(PS-33D)を複製し取り付けて500番台化。
画像のモハE259-500は手前がNe001編成の501(タイ製)奥がNe002編成の502(ベトナム製)

クリックすると元のサイズで表示します
Ne002編成は先頭車を組み換えしないと単体走行時はカッコ悪いですが、Ne001編成は何もしなくても単体走行できます。

クリックすると元のサイズで表示します
Ne001編成とNe002編成で12両FULL編成を組むと赤蛇になりま(ry

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ