福井県道3号 一光隧道  

一光坂(いかりざか)

福井県福井市の主要地方道県道3号線上に跨る標高482mの峠である。


今回、偶然この道を通ってしまった

受験が近く、ただでさえ遊んでいられない身分ではあるがどうしても越前海岸の廃隧道を見たくて仕方なかった。
そのため日曜日、プレテストを受けたあと、越前海岸に行こうと模索していたのである。


今回この道を通るつもりは正直なかった。

なぜ通ったのか、言うまでもない。そこに標識があったからだ。


直進の地名はわからなかった。だがまっすぐ行けば海に出れると思っていたからだ。

右折路、県道3号の文字がある。行き先は一光。地名はわからないが、R305のマークがあったのが右折するきっかけとなったのだ。

国道305号は越前海岸沿いを通る道。この日の目的はこの旧道のはずだった。





地図を見ていただきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

赤が今回通った県道3号線です。
だれもがこの地図、線形を見ただけで「ヤバい道」だということがわかります。

ここを走りました。

んで、青色の部分。隧道です。名前は「一光隧道」。
実はこの隧道を知っていました。偶然迷い込んでしまい、普通なら引き返すところを「この隧道があるから」という理由で前進しました。
結果、廃隧道群のほうは日没による時間切れで数箇所しかいけませんでしたが、それは後日レポします。

ちなみに、周辺地図はこちらになります。
詳細地図は電子国土ポータル様を使用していますが、周辺地図はMapion様をお借りしています。


この県道3号、実は入った当初カメラを出していなかったがためにほとんど写真を撮っていません。

ですが、行っておきましょう。


険しいです


雨の日に通る道ではないですね。ですがこの上に一光集落がある以上、この道を通勤で使っている方がいるのも間違いないです。

ちなみに1枚だけ、これは凄いと思って写真を撮影してあります。
それがこちら。


クリックすると元のサイズで表示します

左:崖  右:崖


ガードレールもあり舗装も綺麗なので恐怖は感じませんが、これは凄いです。

ちなみに起点から一光隧道までは標高差は300mです。ぐんぐん登ります。




そして一光隧道。
入り口は直角で入るのですが、直進に道がありました。一応地図に書いてあるのですが、拡大すると部分的に消えます。・・・つまり死んだ道・・・廃道なんでしょうね。春に再調査したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

これが福井市側の坑門です。
一見して、普通の狭い隧道なのですが、このトンネルはちょっと面白いところがあります。


左側の看板なんて書いてあるかわかるでしょうか?


「100m先待避所あり」


この隧道、全長300mもない短い隧道で待避所の必要があるのかどうかは謎ですがとりあえず通ることにしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらが待避所。待避所以外での離合は出来ません。


そして、一番のゲテモノ装備はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

一見普通の出口です。これが海側の坑門だとお思いでしょう。




フレームアウトギリギリで写っている外側の大きい円が坑門です。

坑門を通った10mほど先で何と幅員減少されているのです

しかもそのサイズの違いは一目瞭然。そのまま小さくした感じです。

何故このようになったのでしょうか。原因は海側出口の道の線形でわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

海側出口はスノーシェルターによって覆われています。
奥を見ると、坑門が見えないどころか、曲がっていますよね。

これが原因です。

こちら側も、ほぼ直角に近い角度で隧道に入るのです。

直角で入れるため、一度隧道の手前で見なければ対向車の存在はわかりません。
バックで直角カーブを戻るのも大変でしょう。

そのため、このような洞内幅員減少というゲテモノ装備が加わったのでしょう。



スノーシェルターの手前にはヘキサも立てられています。



ちなみにここから一光集落へは走りやすい道が続きます。
ヘアピンカーブが連続するのは一光隧道を挟んで福井側だけなのです。


県道3号は一光集落へ出てからさらに福井方面へ向かうためもう一つ峠を超えます。
こちらは冬季閉鎖になりますが、隧道はありません。
ただ、やはりこちらも相当細い道のようで、地図を見ていただければわかると思います・・・。


海へ出るには一光集落から福井県道183号を通ることになります。
ワイディングもあり、途中谷底を通るためなかなか凄い場所を通るなと実感させられます。
ただ全体的に2車線が多いので走りやすい道です。

途中に日本の滝100選にある、五太子の滝があったりしますが、それよりも
クリックすると元のサイズで表示します

すごく分かりやすい場所のコンクリ法面にでっかいスズメバチの巣があったりして本当にビビります。


付近に民家がないから、駆除しなくてもいいんだろうか・・・とりあえず普通にハチ居ます。

あれをエアガンで打ち抜きたい衝動に駆られますが、危険なのでやめておきましょう。



以上、県道3号一光隧道レポでした。

次回更新は国道305号廃隧道群のレポになります。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ